製造データを流通させる仕組み「コネクテッド・インダストリーズ・オープン・フレームワーク(CIOF)」の技術仕様が公開された。CIOFは、インダストリアル・バリューチェーン・イニシアティブ(IVI)がDMG森精機、日立製作所、ファナック、三菱電機らと共同で開発したもの*1。異なるシステムやIoT(Internet of Things)プラットフォーム間での容易かつ安全な製造データ流通を実現する技術として期待されている。

*1 政府が提唱する「ソサエティー5.0」や「コネクテッドインダストリーズ」を実現するための取り組み「製造プラットフォームオープン連携事業」として、「産業データ共有促進事業費補助金」を受けて開発した。

 「日本を代表するメーカーが英知を結集して開発した。豊富なデータを活用するため、“いかに隠しながらつなげるか”という未知の領域に先行して取り組んだ」。IVI理事長で法政大学デザイン工学部教授の西岡靖之氏は、2019年3月14~15日に東京で開催された「IVI公開シンポジウム 2019 -Spring-」のパネルディスカッションに登壇し、CIOFの先進性とこれからの活用に自信をみせた。

辞書を介してデータを相互に変換

 インダストリー4.0では企業間・工場間のデータ流通が求められているが、企業や工場によって生産管理やIoTシステムが異なるのが障害となっている。企業間でのデータ連携を目的とした工場向けオープンプラットフォームも登場しているが、三菱電機らが中心となって立ち上げた「Edgecross」や、ファナックが提唱する「FIELD System」、DMG森精機の「ADAMOS」と幾つかの仕様がある。しかも、ノウハウなどの機密情報の漏洩に対する懸念から、データ流通に消極的な企業も多い。

 CIOFは、こうした課題に対して、異なるシステム間で容易かつ安全にデータ流通を実現する仕組みとして開発された。基本システムは、エッジ層で使う「連携ターミナル」と「連携マネージャ」、インターネット上にある連携サーバー」と「辞書サーバー」などから成る(図1)。

図1 CIOFを利用したデータ流通システムの基本構成
HCTがデータの送受信の窓口となり、HCSがサイト間の通信を担う。HCMは、データやサービスのプロファイルの確認、GUIなど提供。HDSは、個別辞書・共通辞書の変換や変換テーブルを管理する。(IVIの資料を基に日経ものづくりが作成)
[画像のクリックで拡大表示]

 CIOFによるデータ流通には大きく3つの特徴がある。1つは、データの送信側・受信側それぞれの「個別辞書」でデータを変換しながら流通させる点(図2*2。送信データは、送信側の連携ターミナルにおいて個別辞書によって「共通言語に変換され、暗号化されてインターネット上を流れる」(IVI)。受信者側では、これを受信側の個別辞書で自社・自工場で使える形に変換する。これによって双方が、通常使っている用語や業務プロセスを極力変更せずにデータを流通させられるという。

図2 データ流通の流れ
送信側では個別データ辞書によって一種の共通言語に変換し、受信側で再びローカルなデータに変換する。個別辞書は共通辞書などを基に作成する。 (IVIの資料を基に日経ものづくりが作成)
[画像のクリックで拡大表示]
*2 個別辞書は共通辞書などから作成する。

 2つ目は、流通させるデータやサービスについて、その流通形式や方法、内容といった「プロファイル」を送受信前にあらかじめ定めて、流通条件や連携条件を契約しておくこと。3つ目は、必要なデータを要求してデータを受信するプル型と、所定のイベントごとにデータを送信するプッシュ型という2種類の連携ができる点にある。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経ものづくり」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら