3D-CAD「SOLIDWORKS」を手掛ける仏ダッソー・システムズは2019年2月11日、中小製造業向けにクラウドでさまざまなサービスや機能を提供する戦略「3DEXPERIENCE.WORKS」(以下、ドットワークス)を発表した(図1)。中小製造業の利用が多いSOLIDWORKSのユーザー向けに、3Dモデリングだけでなくデータ管理、数値シミュレーションなどの機能を、SOLIDWORKSとの連動性を高めるなどして使いやすい形で、かつ低価格で提供する。

図1 ダッソー・システムズの新戦略「3DEXPERIENCE.WORKS」について説明する、Dassault Systemes SOLIDWORKS CEOのGian Paolo Bassi氏
3DEXPERIENCE.WORKS は、3D-CAD「SOLIDWORKS」のユーザーに対して、シミュレーションや生産管理などの機能をクラウドサービスとして提供する。
[画像のクリックで拡大表示]

 ユーザーにとってはCAD以外のさまざまな機能を少ない投資で利用できる他、クラウドを介した他のユーザーとの連携も容易になる。ダッソー・システムズは、新サービスによりユーザー層を拡大したい考え。同社が既に提供中で、大企業ユーザーが多いクラウドサービス「3DEXPERIENCEプラットフォーム」をベースとする。米国テキサス州ダラスで開催した自社イベント「SOLIDWORKS World 2019」(以下、SWW)で明らかにした。

まずは製造系機能を提供

 ドットワークスの具体的な製品としてダッソー・システムズはまず、受注から出荷までの製造工程におけるさまざまなデータを管理する「DELMIAWORKS」の提供を開始する。DELMIAMORKSは同社が買収したばかりの米IQMS社の製品がベースとなっている。ERP(統合基幹業務システム)とMES(製造実行管理システム)の機能を併せ持ったような製品で、製造設備と連携した稼働状況の見える化などの機能も持つ(図2)。

図2 「DELMIAWORKS」が提供する機能
ダッソー・システムズが2019年1月に買収した米IQMS社のソフトウエアを「DELMIAWORKS」として提供する。受注から製造、出荷までをカバーし、IoT(Internet of Things)による現場の見える化にも対応する。「3DEXPERIENCE.WORKS」を構成する最初の製品となる。
[画像のクリックで拡大表示]

 「IQMSはもともと、中小企業での利用を想定して開発された」(ダッソー・システムズ)。現時点で1000社を超えるユーザーがあり、SOLIDWORKSと併用しているユーザーも多い。今後、3DEXPERIENCEプラットフォームへの対応を進めてSOLIDWORKSとの連携機能も強化していく方針だ。

 既に3DEXPERIENCEプラットフォームでダッソー・システムズが提供しているデータ管理機能「ENOVIA」や数値シミュレーション機能「SIMULIA」に相当する機能も、今後ドットワークスに加えていく。提供時期や名称は明らかにしていないが、準備を進めているようだ。

 例えば数値シミュレーションに関しては、既に「SIMULIA Structual Simulation Engineer(SSE)」と呼ぶクラウドベースの機能を開発中で、一部のユーザーによるβ版の評価が始まっている。まもなく商用での提供を開始する見込みだ。現時点でもSOLIDWORKSには数値シミュレーション機能を組み込んであるが、複雑な接触条件などを定義した非線形解析などは難しい*1

*1 SSEのβ版を使っているあるユーザーは「従来よりも正確な解析結果が得られるようになったうえ、作業時間が15~17時間から数時間へと大幅に短縮できた」と喜ぶ。以前は形状を分割して扱っていた。このユーザーは上位版であるSIMULIAの利用も検討したが「コストと使い勝手でハードルが高かった」という。

 SSEでは、SOLIDWORKSからシームレスにSIMULIAの非線形解析機能の一部を利用できる。SOLIDWORKSで作成した3Dモデルとクラウド上で利用するSSEの解析モデルが双方向で連携する形だ。ドットワークスではこのような非線形解析機能だけでなく、複数の物理現象を連成させるマルチフィジックス解析機能も提供していく方針だ。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経ものづくり」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら