日本メーカーによる新しいレーザー溶接技術の開発が相次いでいる。三菱電機によると、レーザー溶接機の市場は年々伸びており、2017年はグローバルで2500億円規模を超えたとみられている。ガス溶接やアーク溶接に比べて、位置精度が高く、ロボットによる自動化に対応しやすいためだ。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経ものづくり」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら