Q.6万rpmの高速回転体、あえて軸対称にしなかった理由は?
写真:廣瀬貴礼
[画像のクリックで拡大表示]

写真は、ABB(本社東京)の静電塗装機「RB1000i-WSC」の先端部に取り付けられている「ベルカップ」と呼ばれるチタン合金製の部品。塗装時には最高で6万rpm(6万回転/分)で回転する。よく見ると表面に小さな切り欠き(凹部)がある。一見アンバランスに見えるが、実際にはきれいに回転する。あえて軸対称にしなかった理由とは何か。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経ものづくり」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら