Q.全長10m、直径20cm、関節10個で可搬10kgのロボットアーム、どんな力で支えるか?
写真:東京工業大学
[画像のクリックで拡大表示]

写真は新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)と東京工業大学が開発した「超長尺多関節ロボットアーム」。アームの最大直径は20cmと細く、全長10mの先端部で質量10kgの重りを持ち上げられる。アームを上下左右に動かす関節は全部で10個あるが、これらの関節にモーターや減速機を組みこんでトルクを発生させる従来型の多関節ロボットでは実現できない性能だ。可搬10kgを実現するため、このロボットアームではある力を活用している。その力とは何か。

  • [1]浮力
  • [2]張力
  • [3]磁力

この先は有料会員の登録が必要です。「日経ものづくり」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら