Q.表面粗さ“シングルナノ”樹脂切削品で可能?
[画像のクリックで拡大表示]

 一般に、算術平均粗さRaが0.2を下回ると鏡面仕上げと言われるようになる*1。ここでの「0.2」とは0.2μm。ナノに換算すれば200nmだ。これでも十分に“ツルツル”だが、さらに高いレベルの表面粗さが求められる用途がある。その1つが、光を透過させる部材。表面粗さを小さくできれば、それだけ透明度も上がるからだ。例えば、アクリル樹脂のキャスト材*2は表面粗さが6nm(0.006μm)。いわゆる「シングルナノ」である。さて、これと同等の表面粗さを、複雑形状に加工できる樹脂切削品で実現できるのか。

*1 Ra 算術平均粗さは、実際の表面と平均線との差の絶対値を平均した値。
*2 キャスト材 2枚のガラス板の間に原材料を流し込んで成形した板材。押出成形したアクリル板もある。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経ものづくり」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら