植物由来の材料「セルロースナノファイバー(CNF)」を自動車部品に応用する研究開発が、環境省の事業「NCVプロジェクト」で進んでいる。2019年開催の東京モーターショーでコンセプト車を展示する予定だ。プロジェクトリーダーの臼杵有光氏はもともと複合材料の研究者。知見を生かし、CNFの活用領域を広げるために力を注ぐ。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経ものづくり」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら