[画像のクリックで拡大表示]

 203X年4月、放送局のT社が「生成AI(人工知能)」の1つ、「GAN(敵対的生成ネットワーク)」を利用した画期的な配信サービスを開始すると発表した。配信されるのは脚本のテキストだけ。それをGAN対応の映像生成デッキまたはテレビで受信すると、脚本の内容に沿った映像や声がその場で生成される「脚本からドラマ」サービスである。「脚本からアニメーション」は5年も前に米国でM社が実現したが、実写と区別が付かない映像でのサービスは世界で初めだ。

 T社が用意するのは3つのドラマコース。ドラマAは有名脚本家が書き下ろしたシナリオを使い、主役を視聴者本人が務める。ただし、映像と声を利用するだけで、視聴者に演技力は不要。相手役は実在しない仮想俳優。つまりギャラが要らないので制作コストは格安だ。仮想俳優はドラマを見返すごとに新しい俳優に切り替わるため、何度見ても飽きないだろう。それでも飽きた場合は、T社が用意する映像と声の学習データを更新すると、映像の季節やドラマの舞台背景などを入れ替えることができ、新鮮な気持ちで長く楽しめるかもしれない。

 これとは別に、脚本さえも視聴者本人が書き、相手役に好きな俳優(の映像と声)を選べるコースB、映像をVR(Virtual Reality)で見るコースCもある。他の誰にも見せられない「あなたの見たい夢の世界」を存分に堪能できる。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経エレクトロニクス」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら