折り畳み型スマートフォンに関する特許の出願動向を調査した。折り畳み部のディスプレーとして採用されるのはフレキシブル有機ELである(発表は2008年)。今回調査した2010年以降の特許出願数では、先行して開発を進めていたとされる韓国LG Electronicsと韓国Samsung Electronicsが出願件数で上位となった(図A-1(a))。続くのは中国OPPO Mobile、中国Vivo、中国Nubia Technology(中国ZTEの子会社)、中国BOE Technology Groupである。

(a)2010年以降の企業別の関連特許ファミリー数
[画像のクリックで拡大表示]
(b)2010年以降の部位別の関連特許ファミリー数
[画像のクリックで拡大表示]
図A-1 特許数ではLGとSamsungが上位に
(a)特許ファミリー数では韓国メーカーが上位に。Huaweiの名前は上位にはないが、同社へディスプレーを提供しているとみられるBOEの名前が挙がっている。(b)ディスプレーに加えてヒンジ構造などの特許が多い。(図:スマートワークス)

 特許の標準的な分類であるCPC(共通特許分類)単位でファミリー数を集計し、要素技術の傾向を分析した(図A-1(b))。折り畳み型スマホの特許出願では、ディスプレーの構造に関する分類として「折りたたみ可能なディスプレイ(G06F1/1616)」「フレキシブルディスプレイ(G06F1/1616)」、また電話機の特徴として「フレキシブル表示パネルを含む電話機(H04M1/0268)」のいずれかが付与される例が多い。

 以上の分類は、確かに折り畳み型スマホの特徴をよく表してはいる。しかし、要素技術の特徴は、上記以外で多く付与される分類に表れていると考えられる。

 例えばディスプレーの構造では、具体的な折り畳み方に関連する「1軸ヒンジ」「2軸ヒンジ」、あるいは衝撃や水没、折り曲げなどからの保護技術である。入出力関連技術としては「タッチスクリーン・手書き入力」や「スクリーン上を区分した表示」、「開閉・中間位置の検出」などの要素技術が多く出願されていることが、付与分類データから読み取れる。

3つ折りや巻き取り型の出願も

 折り畳み型製品の発表で注目を集めた中国Huawei Technologiesについては、同社向けにディスプレーを提供するとみられる京東方科技集団(BOE)について特許出願内容や特徴を確認した。同社の特許出願内容からは、フレキシブルディスプレーを片側で巻き取る方式と2つ折り型の屈曲部に弾性変形する部材を設ける方式の2種類を検討していることが推察される(図A-2)。

図A-2 BOEは折り曲げ構造と巻き取り式に関する特許を出願
(図:各特許)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。「日経エレクトロニクス」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら