5Gスマホがその姿を変えて、様々な分野に浸透していく。例えば、製造・建築、エンターテインメント、モビリティー、ARグラスといった分野だ。ここでは、MWC19の展示を中心に紹介する。

製造・建築分野

[画像のクリックで拡大表示]

半導体工場ロボット

韓国SK telecomがMWCで見せたデモ。半導体工場でウエハーを搬送するロボットをイメージした。低遅延と高信頼性の5Gの可能性と、ユーザーが自社網に置いたAI(人工知能)サーバーで高度な処理ができることをアピールした。

[画像のクリックで拡大表示]

電装部品工場ロボット

デンソーが、自社工場で実証中のシステム。5Gで、IoT化のためのケーブル敷設作業が不要になる。製造ラインの配置を変えてもセンサーで認識、自律的に対処する。センサーや制御用の大容量の情報を高速・低遅延にやり取りする。

[画像のクリックで拡大表示]

建築現場でのAR

スウェーデンEricssonの建築向けのAR(拡張現実)によるMWCでのデモ。手元の端末で設計図面を写すと建築物の完成イメージを重ねて表示する。サーバーとの低遅延通信を5Gで実現。将来、端末はメガネ型にすることも検討している。

エンターテインメント分野

[画像のクリックで拡大表示]

対戦型ゲーム

サーバーにアクセスして楽しむゲームも5Gを使うとスマホで楽しめる。中国Guangdong OPPO Mobile Telecommunications (OPPO)がMWCで見せたデモ。

[画像のクリックで拡大表示]

多視点スポーツ中継

試合中の野球の映像を様々な視点から視聴できる中継のMWCにおけるデモ。ユーザーが見たい視点に即座に切り替えて表示する。韓国LG Electronicsが見せた。

[画像のクリックで拡大表示]

コミュニケーション

アイドルなど本物の人間から作った3次元データをスマホに表示し、ユーザーの指示で動きや向きを変える。コミュニケーションツールにも使える。LGのMWCでのデモ。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経エレクトロニクス」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら