みなさんはじめまして! 日経 xTECHの新人バーチャル記者、黒須もあ(β)です。

最先端のテクノロジーを取材して、みなさんのお仕事に役立つ技術情報をお届けできるように頑張っています。

今回は「燃料電池」をテーマにいろいろ聞いちゃいました!


Q1
燃料電池(FC)って何ですか?
Liイオン2次電池とはどう違うのかな?

A1

動作原理はLiイオン2次電池と同じで、負極材料が正極材料に、酸化される時のエネルギーを電力として取り出す。燃料電池の場合は、水素が酸化されて水になる反応で、ゆっくり燃やしているのと同じだ。Liイオンの代わりに、Hイオンが動いて放電(発電)するので、「Hイオン電池」ともいえる。ただし、実用化されているのは充電できない1次電池だ。

【PEFC(固体高分子形燃料電池)の場合の仕組み】
[画像のクリックで拡大表示]

Q2
Liイオン2次電池と比べて
どんな特徴がある?充電できないなら使い捨てなの?

A2

水素自体はガソリンの3倍の燃焼エネルギー密度を備えている。燃料電池システムでも、エネルギー密度がLiイオン2次電池の5倍前後と高いので非常に長く使える。当初の容量を使い切っても、使い捨てにはならない。理由は、正極材料(酸素)は空気中にあってなくならない。負極材料(水素)も気体で、なくなったら再充填すればよいからだ。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら