固体電解質を用いたLiイオン2次電池、すなわち全固体電池の実用化がいよいよ始まる。ただし電気自動車(EV)向けではなく、基板に表面実装される部品としてのスタートだ。多くが数mm角と小さいが、そのインパクトは小さくなく、一部のコンデンサーを代替するなど今後の回路設計、およびIoT端末の機能を大きく変えていく可能性がある。

 2019年は、基板上の部品としての全固体電池元年になりそうだ。既に月産3万個の規模でサンプル出荷しているTDKに続き、国内の積層セラミックコンデンサー(MLCC)やチップインダクターのメーカーが相次いで、基板実装向けのセラミックスに基づく全固体電池を開発。セラミックス技術を強みとする日本ガイシ(NGK)も「半固体電池」(同社)で民生品向けに新規参入してきた(表1)。以降、本稿ではこれらを「セラミックス系電池」と総称する。

表1 最高260℃のはんだリフロー工程で基板に表面実装できる2次電池の第2世代品(セラミックス系電池)の例
MLCC:積層セラミックコンデンサー
*1 本誌が容量、電圧、パッケージの寸法を基に試算
*2 開発中の試作品の値の例で、製品の仕様とは異なる
*3 ピーク放電電流(電圧低下が0.5V以内で1秒間放電できる最大電流値)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。「日経エレクトロニクス」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)が4月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら