2020年代を皮切りに、空と陸、海でさまざまな新しいモビリティーが実用化される。従来の移動手段に比べて、はるかに高速で移動時間をグッと短くできる。さらに、静かで快適な移動も可能にする。2030年代、こうした新たな移動手段が、MaaS(Mobility as a Service)の一翼を担いそうだ。

 2027年に東京-名古屋間で開通するリニア中央新幹線。最高時速約500kmを実現し、現在の新幹線で約90分かかる移動時間は、約40分に半減する。まさに「夢の超特急」と言える乗り物だが、2030年代になれば、今の新幹線のように誰でも乗れるものになるだろう。

 こうした新しいモビリティーは、何も日本だけで誕生するわけではない。世界に目を向けると、さまざまな新モビリティーの実現に向けて投資が集まり、研究開発が進んでいる。

 2030年になれば、渋滞なしで移動できる「空飛ぶクルマ」や、大陸間移動にかかる時間を半分にする超音速機、チューブの中を時速1200kmと音速並みで搭乗ポッドが駆け抜ける「Hyperloop」、普通に会話できるほど静かなボートまで、空や陸、海において新たな移動手段が次々と生まれようとしている(図1)。

図1 陸・海・空で「夢のモビリティー」が続々
2025年以降、空や陸、海で新たなモビリティーが相次いで登場しそうだ。例えば、空では空飛ぶクルマや超音速旅客機、陸では「Hyperloop」やリニア中央新幹線、海では電動ボートを利用できるようになる見込みである。(写真:超音速旅客機はAerion、HyperloopはHyperloopTT、リニア中央新幹線はJR東海)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。「日経エレクトロニクス」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら