遠赤外線イメージセンサー(赤外線イメージセンサー)の温度検知部(温度センサー)の基本的な方法をいくつか挙げ、その原理を紹介する。主力とされる方式のほか、現在でも多様な方式が存在する。このため、赤外線センサー技術者にはなじみのある米Honeywellの特許のみならず、新方式を開発中の新興企業が、新たな特許を出願している。 (本誌)

 温度センサーは検知方法によって複数の種類がある(図1)。多くは抵抗体の温度依存性を使うものである。

図1 代表的な赤外線センサーの例
赤外線センサーの代表例を挙げた。いろいろな温度センサーが導入されている。(図:筆者)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。「日経エレクトロニクス」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら