自動運転技術は、高度化が着実に進んでいる。前回は、自動運転の方法と課題について、筆者らが金沢大学での試行で用いている自動運転車両を例にして解説した。今回は本連載の最終回として、街路を模擬したテストコースや市街地公道での実証実験結果、そして自動運転の今後の可能性と課題について述べる。 (本誌)

この先は有料会員の登録が必要です。「日経エレクトロニクス」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら