本インタビューは、日経エレクトロニクス2019年10月号のChallenge拡大版です。

日本市場に合う品質を中国・深圳のサプライチェーンで実現すべく奮闘するジェネシス藤岡社長のキャリアは、間もなく20年を迎える。同社は2014年に自社工場によるEMS/ODM(設計製造受託)を開始。携帯翻訳機「ポケトークW」を受注して収益を一気に増やした(末尾に関連記事)。同氏に経緯や展望を聞いた。(聞き手:大槻 智洋=本誌特約記者、TMR台北科技)

藤岡 淳一氏(ふじおか・じゅんいち)
1976年生まれ。バンド活動と並行し千代田工科芸術専門学校卒。半導体の設計や販売を手掛けた後、家電の調達や品質管理、商品企画を担当。2005年にKFE JAPAN 取締役 デジタルアプライアンス事業部長、2007年にはエグゼモード 代表取締役社長に就任。2011年にJENESIS(HONG KONG) Managing Director、2012年からジェネシスホールディングス 代表取締役社長(現任)。2014年、 JENESIS(SHENZHEN) Executive General Manager(董事總經理、現任)。(写真:大槻 智洋)
[画像のクリックで拡大表示]

 当社(ジェネシス)がソースネクストの携帯翻訳機「POCKETALK W(ポケトークW)」を受注できたのは、米国サンフランシスコ市南のパロアルト市在住の松田さん(ソースネクスト 創業経営者の松田憲幸氏)に会いに行ったからです。松田さんはこう言っていました。「日本人は『近いうちに伺います』としょっちゅう言うのに実際はほとんど来ない」と。その点、深圳マインドの私はシリコンバレーに行ったことがなくてもすぐ行っちゃう。

 松田さんを紹介してくれたのはMVNO(仮想移動通信事業者)のソラコム 代表取締役 社長の玉川憲さんです。玉川さんとは2017年11月ころ、深圳視察ツアーで知り合いました。そこでソースネクストの話が出て、2018年2月半ばの旧正月休みに伊藤亜聖さん(東京大学 社会科学研究所 准教授)と松田さん宅を訪れました。

 受託に向けたプレゼンなんてしませんでした。ワインをいただきながら、深圳や電子機器の造り方などについて議論しました。当時、ソースネクストはポケトーク初号機を、オランダTravisの既製品を「貼牌」(ブランドだけを変えること)に近い形で売り、品質や納期が安定せずに苦労していました。私たちに製造させれば解決するのではないかと松田さんは感じたそうです。私が深圳に住んで戦い続けてきたことも評価してもらえた。松田さん自身がパロアルトに住んでから本当に分かったことが多かったからだと思います。

 松田さんは私たちが訪問した後すぐ、2号機のポケトークWの開発プロジェクトを立ち上げました。私はハードウエア関係を中心に実質的なPM(Product Manager)を務めました。当時ソースネクスト社員にハードウエアの専門家があまりいなかったからです。私は「仕様値Aと仕様値Bはトレードオフです。Bを2割下げてAを死守しましょう」といった具合に開発を取りまとめました。半年近く、2号機開発に最優先で時間を割き続けました。

 1つの案件に入れ込んで出荷台数が期待外れに終わったら営業赤字を出しかねない。私にそんな恐れはありませんでした。「クリーンナップ(野球で走者一掃させる打順)で久しぶりに打たせてもらえる。プロとして何が何でも結果を出すぞ」としか思わなかったのです。

 大抵のIoT(Internet of Things)デバイスは特徴をソフトウエアで実現します。台湾MediaTek(聯發科)の低価格スマートフォン向けASSP(特定用途向けIC)1つでハードウエアをほぼ構成しているようなイメージです。とはいえ、サブのハードウエアがバラついていたり高価すぎたりすると、ソフトウエアの威力を存分に発揮できない。だからソースネクストは腹をくくっています。既にジェネシスだけでなく中国UMEOX(優美創新科技)に出資しました。UMEOXは、ポケトークの基板設計とPCBA(部品実装済み基板)の供給を担っています。

(a)Atmoph Window
[画像のクリックで拡大表示]
(b)bitlock LITE
[画像のクリックで拡大表示]
(c)FamilyDot
[画像のクリックで拡大表示]
(d)JapanTaxiタブレット
[画像のクリックで拡大表示]
(e)ポケトーク W
[画像のクリックで拡大表示]
ジェネシス製造品の例
外観が窓のような風景表示向け27型ディスプレー(a)、後付けの遠隔ドアロック(b)、子供の見守り用GPSロガー(c)、携帯翻訳機「ポケトークW」の音声翻訳機能を持つタクシー搭載端末(d)、ポケトークWなどを製造している。(出所:(a)アトモフ、(b)ビットキー、(c)と(e)ソースネクスト、(d)JapanTaxi)

この先は有料会員の登録が必要です。「日経エレクトロニクス」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら