「人間の意識を機械に移植することは、はるか彼方の夢と述べたが、その夢が実現する日は意外にも早く来るのではないか」。自著『脳の意識 機械の意識』(中公新書、2017年)にそう書いた東京大学大学院の渡辺正峰氏が、夢を現実にするため動き出した。脳とコンピューターを多数の接点で繋げる技術を核にしたベンチャー企業を近々立ち上げる。その先に見据えるのが、人の意識をコンピューターに移植(アップロード)する技術の完成だ。ベンチャー設立の狙いと、技術の理論的背景や展望を同氏に聞いた。 (聞き手=今井 拓司)

渡辺 正峰氏(わたなべ・まさたか)
カリフォルニア工科大学留学などを経て、現在は東京大学大学院工学系研究科准教授およびドイツ・マックス・プランク研究所客員研究員。専門は脳科学。

 『脳の意識 機械の意識』で語ったアイデアを実現するために、起業経験があるパートナーと一緒にベンチャー企業を立ち上げる準備を進めています。究極の狙いは、人の意識を機械に移植(アップロード)すること。本に記した意識に関するいくつかの仮定が正しく、デバイスの開発がとんとん拍子で進めば、20年後の実現もまったくの夢ではありません。ぜひそれを自分の手で達成してみたい。自分は死にたくありませんから(笑)。ただし、一足飛びには実現できません。まずは2~3年くらいでマネタイズ(収益化)できる事業を考えています。

 これまで私は、東京大学やドイツのマックス・プランク研究所で研究を続けてきました。今になって大学発ベンチャーの設立を考えたのは、大学の一研究室の規模では、私の目の黒いうちにはとても実現がかなわないと考えたからです。

 コアになるアイデアは2つ。詳細は話せませんが、1つは脳とコンピューターをつなぐBMI(Brain Machine Interface)の技術です。複数の大学間のアカデミックな共同研究を通して開発を進めており、これまでと比べて桁違いの接続数を実現できると踏んでいます。もう1つは意識のアップロードを試すに値する機械の開発です。その機械に必要な要素技術で、2~3年後のマネタイズを考えています。

 核になるBMI技術は侵襲性が高いものです。現在、主流の非侵襲のBMI技術では、脳から獲得する情報量を桁違いに多くするのは困難だからです。私が今考えている手法がうまくいけば、現存するハードウエアでも数千万個ものニューロンとの間で信号をやりとり可能になります。

 これは、競合技術と比べて桁違いに高い数字です。例えば米国では、DARPA(国防高等研究計画局)が、100万以上のニューロンとのインタフェースを確立する技術の開発プロジェクトを進めています。我々は、いきなりその数十倍を目指すわけです。この技術は中長期的には、医療応用が可能になると考えています。

 ある有名な起業家が、脳のベンチャー企業を始めるときに、BMIで操作できる義手を作るのではなく、信号を作って脳に入れる方の技術(ニューラルシンセシス)を目指すことにしたという噂話を聞きました。この話が本当かどうか分かりませんが、さすがだなと感じました。義手を必要としている人は少数派ですが、信号を脳に入れる技術であれば市場が大きく広がるからです。

 その意味では、意識のアップロードにも大きな市場が期待できると思っています。誰にでも死は訪れますから。仮に100万円で意識をアップロードできるとなったとすれば、かなりの需要があるはずです。人でそれを実現するには、ネズミやサルで実験をするといった段階が必要ですから、すぐに5年、10年が経ってしまいそうですが…。それでも、早ければ20年くらいで実現できる可能性はあると思っています。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経エレクトロニクス」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら