テスラの最新技術に関心
 Breakthrough「強いSiに勝てるか」の記事は参考になった。テスラは最新技術を早く導入するので、動向が気になるため。(匿名希望、神奈川県、36歳)

読み応えがあった
 「強いSiに勝てるか」が印象に残った。技術内容や動向まで幅広く紹介されており、読み応えのある内容だった。(匿名希望、茨城県、50歳)

材料・装置の記事をじっくり読んだ
 Emerging Biz「日本の宝である材料・製造装置、国際競争激化への備えが必須」をじっくり読んだ。半導体関係の大喜利はいつも大変興味深く読んでいる。Hot News「“光るペロブスカイト"が覚醒、有機ELディスプレー代替に名乗り」では、ペロブスカイトでディスプレーとは驚いた。(匿名希望、東京都、35歳)

電池不要化技術が面白い
 Emerging Tech「IoTの電池不要化技術が実現、温度差不要の熱発電も可能に」が面白かった。最終的にはセルラーLPWA通信も電池不要というパラダイムシフトを起こしてほしい、という願いを込めて。(匿名希望、神奈川県、44歳)

フラッシュの記事が印象に
 Emerging Tech「5ビット化、超小型、Ether直結、東芝がフラッシュメモリー新技術」が印象に残った。変わらぬ技術進歩に関心がある。数少ない日本の半導体専業企業キオクシアの継続的な先端技術開発と、企業としての発展に期待したい。(匿名希望、神奈川県、67歳)

巨大チップに興味、分解記事が楽しみ
 Hot News「21cm角の巨大半導体チップ、300mmウエハーからわずか1個」の記事は、チップの常識を超えたもので興味深かった。Teardown「中国4大AI企業の“ほんやくコンニャク"、原価率約15%と推定」の記事も面白かった。毎回、分解ダイジェストが楽しみである。(匿名希望、神奈川県、51歳)

コンデンサーレス、性能データが良い
 Hot News「ロームがコンデンサーレスLDO、車載向け45V入力品を製品化へ」が印象に残りました。以前から部品点数に占める割合が大きかったCPU周りのデカップリングコンデンサーの削減から、リセットICの外付けコンデンサーの削除まで、幅広くコンデンサーを削減する技術を見てきました。コンデンサーを削減する技術は面白いのですが、性能に影響が出ないかどうか心配になる場合があります。今回のようにデータを添付されると、性能への影響を確認することができるので、今後は優先的な検討が進められるのではないかと考えます。(福山貴彦、島根県、52歳)

AIの現在地を確認する上で役立つ
 Hot News「欧州・中国発のスマート家電続々、見えない調理器からAI洗濯機まで」に関心を持った。AI関連の記事は、AIに関する技術の現在地を確認する上で非常に役に立つ。AIの利用可能性を考える上で、現在とこれからの方向を知ることは大切だと感じる。(西川隆記、大阪府、43歳)

好評記事ランキング
順位  記事 
1Hot News「21cm角の巨大半導体チップ、300mmウエハーからわずか1個」
2Breakthrough「強いSiに勝てるか」
2Teardown「中国4大AI企業の“ほんやくコンニャク”、原価率約15%と推定」
4Hot News「“光るペロブスカイト”が覚醒、有機ELディスプレー代替に名乗り」
5Emerging Tech「IoTの電池不要化技術が実現、温度差不要の熱発電も可能に」
出典:日経エレクトロニクス、2019年12月号 p.105
記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。