電源の問題を俯瞰できる
 様々な分野で電源の問題が大きくなっていると考えており、電気を使用する側と電気をためる・発電する側の情報が網羅されている本誌は、全体を俯瞰(ふかん)できる貴重な雑誌だと感じております。(匿名希望、愛知県、43歳)

長距離測定が可能なセンサーに興味
 Hot News「1200万画素の車載CMOSセンサー、HDマップ即時整合の自動運転車に」の記事が印象に残った。高い精度で長距離測定ができる距離センサーに興味があり、それに関連する記事を今後読んでみたい。(匿名希望、東京都、49歳)

光通信はこの先どうなる?
 光インターコネクトの記事は珍しいため、Hot News「NTTがスパコン技術開発に参戦、大規模深層学習を高速化」が印象に残った。また、今後は、光通信がこの先どうなっていくかについての記事を読んでみたい。(匿名希望、東京都、53歳)

独自路線の企業戦略が日本の成長に
 Emerging Biz「米5Gの雄Qualcommが完敗、ライセンス料の大幅低下も」の記事が印象深かった。5Gの通信分野で日本企業が全く存在感をなくしているのは残念な限りだが、日本企業の知財対策の遅れ・企業戦略の失敗・決断の遅れなどが大きく影響していると思われる。その中で独自路線を歩む村田製作所の企業戦略は、今後の日本の成長に大きなヒントを与えるのではないかと思う。(匿名希望、福島県、62歳)

依然としてQualcommの独り勝ち?
 「米5Gの雄Qualcommが完敗、ライセンス料の大幅低下も」を読んで、漸く、Qualcommの理不尽な重しが軽くなるのかと思った。同社は通信機器メーカーの儲けを全てはぎ取っているようだ。しかし、特許が消尽されても恐らくライセンスフィーがなくなる訳ではないため、妥当な額に収まればよいと思っている。今後、別の意味で深刻な問題としては、チップセットメーカーが存在しなくなっている現実がある。通信機器メーカーはchipsetに選択肢がない状況であり、依然としてQualcommが独り勝ちを続ける恐れがありそうだ。(匿名希望、神奈川県、71歳)

以心伝心ツールになるまでの過程を
 Breakthrough「売れる音声」の記事が良かった。音声ビジネスの裾の広さと将来性を感じた。以心伝心ツールとして完成をさせたレベルになるまでの過程を見たい。(匿名希望、神奈川県、59歳)

購入判断の参考になった
 Emerging Tech「DNNチップは非ノイマン型へ、新メモリーのキラー用途か」の記事は大変面白かった。また、Hot News「新型HMD『Oculus Quest』を分解、『安心して買える』強固な設計」の情報は購入判断の参考になった。(熊澤逸夫、神奈川県、60歳)

日本はなぜここまで負けが込んできたのか
 Hot News「JDIが大規模リストラ敢行、日の丸液晶の針路は波高し」を興味深く読んだ。日本はなぜここまで負けが込んできたのか、その理由を分析する記事を増やしてほしい。(匿名希望、大阪府、61歳)

好評記事ランキング
順位  記事 
1Hot News「電解コンを全く使わない電源、EV充電器やLED照明を長寿命に」
2Hot News「JDIが大規模リストラ敢行、日の丸液晶の針路は波高し」
3Emerging Biz「『量産』にはほど遠い、中国半導体メーカーの現在」
4Emerging Biz「米5Gの雄Qualcommが完敗、ライセンス料の大幅低下も」
5Teardown「世界初5Gミリ波スマホの変身モジュール、Qualcomm部品で実現、省エネには超音波を活用か」
出典:日経エレクトロニクス、2019年10月号 p.113
記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。