不可能を可能にするサイボーグに期待
 Breakthrough「着るだけでサイボーグ」の記事を見て、昔、上司から言われたロボット開発の考え方を思い出した。それは、人間ができないことができるロボットじゃないと意味がない、ということだ。着るだけでサイボーグになって、できなかったことができるようになるのは期待が持てると感じた。 (匿名希望、福岡県、58歳)

アシストスーツ利活用の広がりに驚き
 アシストスーツが自分の周りで使われてい るのを見たことがなかったので、「着るだけでサイボーグ」を興味深く読ませてもらった。 様々な業界でアシストスーツの利活用が進ん でいて驚いた。(望月淳司、愛知県、46歳)

サイボーグが日常に変革をもたらす
 「着るだけでサイボーグ」の記事を興味深く読んだ。人体のCyber Physical Systemと言え、今後の日常に大きな変革をもたらすと思う。 (匿名希望、東京都、58歳)

最先端技術はスマホからクルマへ
 Hot News「Teslaが144TOPSの車載装置、発表内容に異を唱えるNVIDIA」のニュースが印象的だった。スマホがコモディティー化して大きな差別化が困難となっている中で、時代を先導する最先端技術が、スマホからクルマへと移っていく象徴的な出来事のように感じられる。次世代の車載向け半導体やセンサーの開発競争が加速し、数年後には主役メーカーが一気に変わってしまうかもしれない。 (匿名希望、愛知県、56歳)

半導体素子だけでなく電池が重要に
 Teardown「超音波式指紋センサーを画面に内蔵するGalaxy S10+、2個のフロントカメラはパンチホールに搭載」は、使用部品やセンサー類の方向性などが分かって良かった。またHot News「全固体電池を体内へ、10年もつ医療用を英社が開発」の記事も良かった。これからは半導体素子だけでなく電池技術が重要になると考えられるので、それらが取り上げられると興味を持って読める。 (匿名希望、神奈川県、51歳)

価格はそう簡単には下がらない
  Emerging Tech「車載LiDARの進化に異変、長波長と非ToFで新型模索」の記事が印象に残った。一気に低価格化するような特集が数年前にあったが「そう簡単には下がらない」と確認できた。(木村基、神奈川県、55歳)

カギは貿易戦争がいつ収束するか
  Emerging Biz「半導体市場の低迷脱出は間近、需要動向の荒っぽさは増す一方か」を読み、半導体の需要動向を予測するのは改めて難しいと思った。5G関連の投資や開発により半導体需要は確実に伸長するが、米中の貿易戦争が激しさを増して、回復のシナリオも狂い始めている。結局は、貿易戦争がいつ収束するかに掛かっているのではないか。 (匿名希望、大阪府、50歳)

多様性を拡大する試みが参考に
  他社のR&D戦略に関心があるので、Innovator「エンタメとエレキを融合、R&Dでもソニーの強みに」を興味深く読んだ。特に、多様性を拡大するための試みは参考になった。 (匿名希望、神奈川県、52歳)

好評記事ランキング
出典:日経エレクトロニクス、2019年8月号 p.121
記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。