5Gの他社動向がよく分かった
 Breakthrough「5G、行きまーす!」の記事が一番興味深かった。ちょうど自社で5Gの開発に向け、部品のソーシングを行なっているところで、他社の動向やどのように5Gが活用されていくのかが分かりやすかった。(匿名希望、神奈川県、29歳)

課題編は日経エレならでは
 「5G、行きまーす!」を大変興味深く読んだ。第2部で解説されている課題点がとても参考になった。こういう切り口は日経エレならではだと思った。(匿名希望、岡山県、51歳)

Mobileyeの記事が参考に
 Teardown「電気自動車リーフの前方監視ユニットにMobileyeの画像処理プロセッサーを発見」が良かった。Mobileyeは以前から注目している企業のため。(匿名希望、神奈川県、39歳)

囲い込み戦略に無策でいいのか
 Hot News「IoTのOSを狙うシーメンス、データ活用重視が鮮明に」を興味深く読んだ。シーメンスがソフトウエアをトータルで囲い込み、産業界のプラットフォームの座を狙っている。この流れが確定的になれば、機器メーカーはシーメンスの基盤上でしか、モノを売れなくなる。データは同社に集中し、同社の機器やプラットフォームはどんどん改良されていく。対抗策をどうするか、自社の特徴をどこに置くか、決断の時が迫っている。(匿名希望、福岡県、32歳)

“ポストスマホ”に興味
 Hot News「新型スマホに行き詰まり感、楽天は暗号通貨構想も披露」の記事に関心を持った。スマホは考えられる機能を搭載し尽くした感がある。今後何を目指していくのか注目したい。(匿名希望、埼玉県、60歳)

日産リーフの分解記事が良かった
 Hot News「最新EVのパワトレに迫る、実車でインバーターの熱測定」はとても良い記事だった。興味はあってもなかなか解析できないデータを見ることができた。今後は、こうした大型製品の分解記事を増やしてほしい。(佐治隆司、滋賀県、37歳)

寡占の弊害がここにも
 Emerging Biz「NVIDIAのEULA改定で考える『お客様は常に神様』なのか」を読んだ。NVIDIAよ、おまえもか、という思いだ。寡占化や囲い込み戦略は経済原理としてある程度は仕方ないのかもしれないが、ユーザーは、寡占製品を使うリスクを十分考えておかなければならないだろう。(匿名希望、千葉県、54歳)

好評記事ランキング
出典:日経エレクトロニクス、2018年6月号 p.97
記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。