1. 米Keysight、ローエンドオシロ市場に向け、高性能の4チャネル機2モデルを投入
  2. 東芝デバイス&ストレージ、車載向けEthernet AVB対応のブリッジIC
  3. STMicroelectronicsが低価格8ビットMCU、8ピンパッケージ封止で狭小サイズ用途向け
  4. 英Armが車載用CPUコアの性能をアップ、自動運転のセンサーフュージョンに最適
  5. 日東精工、樹脂を締結するセルフタップねじ、インサートナット不要で軽量化と低コスト化
  6. 岩崎通信機がロゴスキーコイル方式の電流計、最高使用温度を150℃にアップ
  7. 20インチの大型車載タッチパネルに対応、米MicrochipがコントローラーIC
  8. イリスが赤外線データトランスミッター、ドイツLeuze製で設置が容易
出典:日経エレクトロニクス、2019年3月号 pp.97-100
記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。