1. Qualcomm、ARやVR向けのプロセッサーIC、ビジョン処理を高度化するAIエンジンを内蔵
  2. 11axのWi-Fi通信と11pのV2X 通信が1チップ、Marvellが車載向けコンボSoC
  3. 太陽誘電、厚さ0.09mmの超薄チップ・セラコン、スマートフォンやウエアラブル端末向け
  4. 欧州や中国で需要が拡大、航空電子がHSD互換の高速伝送コネクター
  5. 米MIPSがnanoMIPS ISA初のCPUコア、5G/Advanced LTE Proスマホ用SoC向け
  6. TI、車載向けの100BASE-T1 Ethernet PHY、幅広い機器の接続が可能
  7. 明るい場所でも空中に鮮やかな映像、大日本印刷が透明スクリーンの新製品
  8. PFU、AI処理ボードなど、産業用コンピューター向け2製品
出典:日経エレクトロニクス、2018年8月号 pp.87-90
記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。