(撮影:Apple)
[画像のクリックで拡大表示]

 2018年10月に同年3機種目のiPhoneとして発売された「iPhone XR」(米Apple)。3機種の中で唯一液晶パネルを装備しているが、同様にホームボタンはなく、ディスプレーが端末の下端まで広がる。つまり、液晶を採用していた「iPhone 8」や「iPhone 8 Plus」に比べ、液晶の光源であるバックライトLEDを置くスペースが激減したことを意味する。その結果、iPhone XRのバックライトLEDの形状は「ヒモ」となった。まさに、世界で最も進んだ液晶技術の粋を集めた製品と言える。

 一方で割高感から不調との噂が流れる。背面カメラを1個とし、感圧タッチ技術「Force Touch」を省くなどコスト低減を図るものの、顔認証機能「Face ID」などの目玉機能を搭載しており、iPhone 8 Plusより原価は高いとみられる。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経エレクトロニクス」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら