米中貿易摩擦が長期化し、中国における半導体の「内製力」に関心が集まっている。中国政府は猛烈な半導体産業育成策によって、自国の半導体メーカーの製造能力を高められるか。その現在地はどこか。メモリーを手掛ける各社の実態を、中国ハイテク事情に詳しい記者が丹念な調査で浮き彫りにする。(本誌)

YMTCの工場の模型。月産10万枚の工場を3棟運営する計画だが、進捗は遅い(写真:筆者が撮影)
[画像のクリックで拡大表示]

 中国半導体メーカーが相次いで、巨大メモリー工場を稼働する計画だ。NANDフラッシュメモリー大手の東芝メモリが三重県四日市市に構える主力工場の月産能力は50万枚(300mmウエハー、以下同じ)。中国勢はこれを超えるか、迫る規模を目指している。中国勢の月産能力の目標は、CXMT(長鑫存儲)が60万枚、Tsinghua Unigroup(清華紫光)と南京市政府によるプロジェクト(以下、Unis南京)が30万枚、YMTC(長江存儲)も30万枚である。CXMTはDRAM、Unis南京はDRAMまたはNANDフラッシュ、YMTCはNANDフラッシュを製造する。

 中国勢が大きな目標を掲げるのは、利益を出すまでのプロセスが日本企業と全く異なるためだ。中国勢は製品の付加価値を追求しない。先行メーカー並みなら十二分とみる。その上で、政府が準備した資金によって生産規模を競合品と同等にする。それらがそろえば利益は自ずと出始めると考えている。実際YMTCが30万枚を目標としたのは、NANDフラッシュの全世界生産能力の2割を握るためだ。

 では直近の2019年第1四半期における月産能力はどうか。各社を支援する政府の公式情報に基づくと、CXMTとUnis南京が0、YMTCが5000枚である。2020年末における月産能力の予測値も、台湾Isaiah Researchによると目標よりはるかに小さい。CXMTが3万5000枚、Unis南京とYMTCが3万枚である(表1)。稼働率を100%、製造ロスや販売ロスを0としても各社の世界販売量シェアは10%未満だろう。

表1 今は目標に程遠い
中国メモリー2社の月産能力を示した。300mmウエハーを使用。(表:実績は行政の公告、予想はIsaiah Researchの調査などを基に筆者が作成)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。「日経エレクトロニクス」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら