鴻海精密工業グループが、マカオに隣接する中国広東省珠海市に大規模な半導体工場を新設する計画を進めていることが明らかになった。新工場にはグループ企業となったシャープが持つ半導体技術を活用するという。

 ただし、この計画の実行は一筋縄には進まない気もする。

 まずは米中貿易摩擦への影響。中国は、「中国製造2025」の中核に半導体国産化を据えている。米国政府の怒りを招くことは必然だ。また、シャープの半導体技術を活用すると言うものの、世界一のEMSが求める半導体を作る力を同社が持っているかと言えば疑問だ。

 そこで今回のテクノ大喜利では、鴻海の半導体事業の行方を考える上での視点を抽出した(表1)。

表1 「鴻海の半導体内製のインパクト」をテーマにしたテクノ大喜利の回答
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。「日経エレクトロニクス」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら