2017年、2018年と、歴史的成長を遂げてきた半導体市場。2019年の行方を考える上で、語るべき論点は2つありそうだ。1つは、需要過多による高騰から下落へと急転したメモリー価格がいつ底を打ち、上昇基調に転じるのかという点。もう1つは、米中貿易摩擦の行方である。

 米中貿易摩擦は、中国政府が掲げる「中国製造2025」によって、ハイテク分野での覇権を失うことに危機感を覚えた米国政府が仕掛けたかたちで起こっている。そして、半導体こそが、この中国製造2025での核心的強化分野である。

 今回のテクノ大喜利では、「2019年の視点」と題し、各回答者に2019年に注目すべきキーワードや企業、技術・製品・サービスを聞いた。ここでは、半導体業界に関連した回答をまとめた(表1)。

表1 「2019年の視点:半導体編」をテーマにしたテクノ大喜利の回答
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。「日経エレクトロニクス」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら