ドイツSiemens(シーメンス)が、自社IoT(Internet of Things)基盤の強化を急ぐ。これまで産業用IoTで共存関係にあったIT企業のエッジ分野への進出に備え、この分野で確かな地位を築くためだ。同じく産業用IoTに活路を見いだす日本のメーカーにとっても、Siemensの状況は対岸の火事ではない。

 産業用IoT(Internet of Things)で製造業は主導権を握れるのか。産業のデジタル化(デジタライゼーション)に伴って大手IT企業の影響力が日増しに高まる中で、全てのメーカーが直面する課題にドイツSiemens(シーメンス)が先陣を切って挑んでいる(図1)。

図1 IoT基盤の強化を急ぐ
従来の産業用IoTでは、エッジに強いメーカー発のIoT基盤とクラウドに強いIT企業発のIoT基盤が混在しており、両者は相互に連携するなど共存関係にあった。しかし、IT企業がエッジにも勢力を拡大しつつあり、今後はこの関係に変化が生じる可能性がある。Siemensは自社のIoT基盤「MindSphere」の強化を急速に進める。(図中の写真:Siemens)
[画像のクリックで拡大表示]

 同社は、IoT基盤「MindSphere(マインドスフィア)」を次の中核事業として育てるべく、矢継ぎ早に手を打ってきた。2018年8月、アプリケーションの開発支援技術に強いソフトウエア企業の買収を発表。並行して構造改革を進め、モーターなどの既存製品とMindSphereの相乗効果を追求する。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経エレクトロニクス」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら