ソニーが次の一手として、半導体事業、とりわけイメージセンサー事業への投資強化を明らかにした。同社は、2018年5月22日に公表した中期経営計画の中で、今後3年間で累計2兆円以上の営業キャッシュフローを稼ぎ出し、半導体事業を中心に最大1兆円の設備投資を行う。

 今回のテクノ大喜利では、今回のソニーによる半導体への巨額投資によって生まれる可能性やリスクを洗い出した(表1)。

表1 「ソニーの半導体巨額投資、勝算はいかに」をテーマにしたテクノ大喜利の回答
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。「日経エレクトロニクス」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら