2019年9月20日、米アップル(Apple)は新型のiPhoneを発売した。超広角と望遠を加えた3眼カメラを備え、iPhoneシリーズで初となる「Pro」を冠した「iPhone 11 Pro」と大画面タイプの「iPhone 11 Pro Max」、比較的価格を抑えた「iPhone 11」である。その中身はどのような進化を遂げているのか。モノづくりのためのコワーキングスペース「DMM.make AKIBA」に協力してもらい、全機種を分解した。

 2019年版のiPhoneは、フラッグシップモデルの「Pro」を冠する「iPhone 11 Pro」(以下、11 Pro)と「iPhone 11 Pro Max」(以下、11 Pro Max)、標準モデルの「iPhone 11」から成る。全機種を分解した(図1)。

図1 今回分解した2019年版iPhoneの外観
左が「iPhone 11 Pro」、右が「iPhone 11」。この2機種に加えて「iPhone 11 Pro Max」も分解した。(写真:加藤 康)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。「日経エレクトロニクス」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら