2019年9月6~11日にかけてドイツのメッセベルリンで開催された「IFA 2019」。IFAは、毎年1月に米国・ラスベガスで開催されるCESと並ぶ世界最大級のコンシューマーエレクトロニクスの展示会である。今回は米中貿易摩擦の矢面に立つ中国ファーウェイ(華為技術)が基調講演を務め話題となった。

 IFA 2019の主役は、今年もスマートフォン(スマホ)やテレビ、カメラ、オーディオ機器とあくまで家電だった。かつては家電のイベントだった米国の「CES」や日本の「CEATEC」とは、違いが際立つようになってきた。というのもCESが自動車関連をはじめとした家電以外の分野の先端技術もアピールするようになり、CEATECが家電からIoTや異業種連携などをテーマとした展示会にかじを切ったりしているからだ。家電がメインだった時代のCEATECですら影の薄かった冷蔵庫や洗濯機などの白物家電もIFAでは大きな存在感がある。

 開催期間に週末を含むこともあって、来場者の中には、商談や情報収集が目的のメーカーや小売り事業者のビジネスパーソンだけでなく、一般の参加者も目立っていた。家族や友人たちと楽しめる展示や催しも多く開催されていた。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経エレクトロニクス」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら