VR(Virtual Reality)用のヘッドマウントディスプレー(HMD)のスタンドアローン化が急激に進んでいる。VR用HMDを普及させるには、外部機器が不要で単体動作する手軽さが重要だからだ。本誌は、コンテンツ開発者からも大本命と期待される米Oculus VRのスタンドアローン型VR用HMD「Oculus Quest」を徹底分解。その内部に迫った。

 ビジネス用途でじわじわと導入が広がりつつあるVR(Virtual Reality)だが、VRゲームなどの民生用途では、なかなか普及が進まず、踊り場感が漂い始めていた。民生用途が広がらない要因の1つとして挙げられるのが、VR用ヘッドマウントディスプレー(HMD)使用時の手間である。

 この課題を打開できるハードウエアと期待のかかるVR用HMDが、2019年5月に米Oculus VRが発売した「Oculus Quest」である。

ようやく普及が望めると期待大

 Oculus Questは、単体で動作するスタンドアローン型のVR用HMD。従来製品のようにパソコン(PC)などの外部機器への接続が不要なため、使用時の手間が大幅に削減される。このほか、2018年5月に同社が発売した「Oculus Go」などもスタンドアローン型である(表1)。

表1 主なスタンドアローン型VR用HMDの仕様
[画像のクリックで拡大表示]

 Oculus Goは価格が2万3800円(税込)と他製品と比べて圧倒的に安価だったため、販売台数は大きく伸びた。しかし、頭部のヨー/ピッチ/ロールの3軸の回転を検出する「3DoF(Degrees of Freedom)」対応にとどまっていたので、周囲を見回すことしかできず、本格的なVRコンテンツには不向きだった。

 同時期に中国Lenovoが発売したスタンドアローン型の「Lenovo Mirage Solo with Daydream」は、ヨー/ピッチ/ロールの3軸の回転に加えて3方向(X軸とY軸、Z軸)の直線移動を検出できる「6DoF」に対応していたが、コントローラーが3DoF対応のためか、あまり普及していない。

 そんな中、多くのVRコンテンツ開発者が待ち望んでいたのが、コントローラーまで全て6DoF対応であるOculus Questだ。あるVRコンテンツ開発者は「これでようやくコンシューマー向けのVRが普及期に入る」と期待を寄せる。Oculus Questの後を追うように、台湾HTCは本体とコントローラーのどちらも6DoFに対応したスタンドアローン型の「Vive Focus Plus」を2019年6月に発売している。両製品とも仕様に共通点が多いが、価格やアプリ提供プラットフォームが異なる。

 今回はVR用HMDの大本命とも目されるOculus Questを分解した1)

この先は有料会員の登録が必要です。「日経エレクトロニクス」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら