料理を配達する出前(フード・デリバリー)ロボットの「Kiwibot」が、米University of California, Berkeleyのキャンパスとその周辺を走るのは、すでにおなじみの風景になっている(図1)。料理向けに特化し、2017年3月以来、4万回の配達をこなしてきた。現在100以上のロボットを全米12カ所で展開している。サービスを提供する米Kiwi Campus共同創業者兼CTOのJason Oviedo氏(図2)と製品担当のSasha Iatsenia氏(図3)に聞いた。

図1 料理を配達するロボット「Kiwibot」
Kiwibotが料理を配達している様子(写真左と中央)。遠隔で人間がモニターしながら動作する。(写真:Kiwi Campus)
[画像のクリックで拡大表示]
図2 Jason Oviedo(ジェイソン・オヴィエード)氏
Kiwi Campusの共同創業者兼CTO。コロンビアのUniversidad de Los Andesでコンピュータサイエンスの修士号を取得、パナマのInnerConsultingでテクニカル・リードを務め、コロンビアでソフトウェア開発会社のKIIDO SASを共同創業。2016年に共同創設したKiwi Campusは、University of California, Berkeleyのアクセラレーター・プログラムで養成された。(写真:Kiwi Campus)
図3 Sasha Iatsenia(サシャ・イアツィニア)氏
Kiwi Campus製品担当。スイスでスタートアップ共同創業やNestleの製品マネージャーを務め、2017年にKiwi Campusに加わった。(写真:同氏のLinkedInページより)

フード・デリバリーのためのロボット・スタートアップは数多い。その中で、Kiwi Campusの違いは何か。

Oviedo氏:根本的に異なるのは、我々はロボットの会社ではなくデリバリーの会社だと意識していることだ。そのため、2つの面で目指すことが違ってくる。1つは、スケーラブル(規模拡大が可能)であるかどうか。テクノロジー採用の基準(クライテリア)は、コストが安く、製造が簡単かどうかになる。もう1つは、アジリティー(敏捷さ)だ。つまりベストのテクノロジーを実現するのではなく、「これで十分」というレベルのロボットを作る。ロボットとしてはローエンドなものになるだろうが、街の歩道でたくさんのロボットが行き交うためには、そうしたアプローチが求められると考えた。これは会社創業当初からの位置付けだ。

「これで十分」とはどんなことか。デリバリー・ロボットでは、米Starship Technologiesも注目されているが、同社のロボットとどう比較するか。

Oviedo氏:Starshipも米Marbleも自律走行に焦点を当てている。またStarshipは歩道に乗り上げる車輪の仕組みを持つ。これで技術開発コストが高くついている。しかし出前を注文するエンドユーザーのことを忘れていないだろうか。彼らは、毎週何度も注文するので安い料金を求めている。エンドユーザーのためにサービスを向上させ、便利さのためのエコシステムを作ることが必要だ。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経エレクトロニクス」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら