米Googleのスマートフォン「Google Pixel 3 XL」を分解した。米Appleの「iPhone XS」などと比べるとその実装技術は洗練されているとは言い難い。ただ、ディスプレーには次世代スマートフォンで主流になる可能性がある技術が採用されている。タッチパネルの透明電極に使われている線幅2µmのワイヤーメッシュである。

 米Google(グーグル)は2018年11月1日に同社のスマートフォン「Google Pixel 3 XL」を日本で発売した(図1)。Pixelシリーズは既に3代目だが、日本で発売されるのは今回が初めて。本誌は数人の技術者の協力を得てこのスマートフォンを分解した注1)

(a)Google Pixel 3 XL
[画像のクリックで拡大表示]
(b)(a)の裏面
[画像のクリックで拡大表示]
図1 ワイヤーメッシュは視認できない
Google Pixel 3 XLの外観。ストレージ容量は64Gバイト。色は「Clearly White」。ディスプレーには有機EL(OLED)を採⽤している。画⾯サイズは6.3型で、画素数は2960×1440画素である。後述するタッチパネル用透明電極のワイヤーメッシュは肉眼では確認できない。(撮影:加藤 康)
注1) 分解はものづくりコワーキングスペースのDMM.make AKIBA(東京・千代田)で実施した。分解に参加したスタッフの中には、元ソニーの技術者もいる。ディスプレーの分解と解析にはタッチパネル研究所(東京・八王子)の協力を仰いだ。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経エレクトロニクス」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)が4月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら