米Appleの新型iPhone「iPhone XS」と「iPhone XS Max」を分解した。基本的な設計は、2017年に同社が発売した「iPhone X」と共通部分が多い。ただ、通信関連ICが米Qualcommから米Intelへと、大きく変更された部分もある。Xでは2つあった電池を、XSでは1つのL字型電池に統合した。X線で解析した結果も紹介する。

 米Appleは2018年9月、同社のスマートフォンiPhoneの最新モデル「iPhone XS」(XS)と「iPhone XS Max」(Max)を発売した(図1)。

(a)iPhone XS Max
[画像のクリックで拡大表示]
(b)iPhone XS
[画像のクリックで拡大表示]
(c)(a)の裏面
[画像のクリックで拡大表示]
(d)(b)の裏面
[画像のクリックで拡大表示]
図1 XSとXS Maxの外観
分解用に入手したiPhone XS Max(a、c)とiPhone XS(b、d)。メモリー容量はMaxが256Gバイト、XSが64Gバイト。カラーはいずれも「スペースグレイ」。カメラはディスプレー側は上部に水平に2個のFace ID用「TrueDepthカメラ」、裏側は縦に2個、可視光の「デュアル12MPカメラ」が配置されている。撮影:渡辺 慎一郎

 同社がアピールする、2017年発売の「iPhone X」(X)との大きな違いは、(1)マイクロプロセッサーが「A11 Bionic」から「A12 Bionic」になり、全6コアあるうち2つの性能コアが最大15%高速に、4つの効率コアが最大50%低消費電力になった、(2)GPUのグラフィックス処理性能は最大50%高速になった、(3)ニューラルエンジン、特にカメラの映像にCGなどを重畳するAR(拡張現実感)向け「Core ML」の動作は最大9倍高速になった、(4)電池の連続駆動時間がXSは30分、Maxは1時間半長くなった、(5)従来のnano SIMに、内蔵のeSIMを加えたデュアルSIM対応になった、(6)記録容量が最大256Gバイトから同512Gバイトになった、といった点だ。

電池はXSだけL字形

 XSとMaxをそれぞれ分解して注1)、まず目に飛び込んできたのは、大きなLiイオン2次電池(LIB)だ(図2)。MaxのLIBは、Xと同様、2つのLIBを並べて配置しているのに対し、XSではパッケージ自体がL字形をした1つのLIBになっている。

注1)分解は、東京・秋葉原の「DMM.make AKIBA」で実施した。スタッフの中には、元ソニーの技術者もいる。
(a)iPhone XS(赤い点線内にメイン基板)
[画像のクリックで拡大表示]
(b)iPhone XS Max(赤い点線内にメイン基板)
[画像のクリックで拡大表示]
図2 XSは大小の「L字」で構成
XSでは、2階建てになっているメイン基板(赤い点線内)がL字形をしているのに加えて、Liイオン2次電池もL字形になっている(a)。一方のMaxでは、電池はXと同様、2つの電池を並べてある(b)。撮影:渡辺 慎一郎

 そのL字形の隙間の空間に収められているのが、2枚の基板を張り合わせた“2階建てメイン基板”で、やはりL字形をしている。これもXと同様だった。2階建てにすることで電池向けスペースを可能な限り大きく確保することを狙ったと考えられる。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経エレクトロニクス」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら