2016年に創業したばかりだが、オープンソースソフトウエア(OSS)の画像認識用ライブラリ「OpenCV」の創始者であるGary Bradski氏がアドバイザー兼出資者として名を連ね、韓国Samsung Electronicsのコーポレート・ベンチャー・キャピタル(CVC)である韓国Samsung Venturesなどから総額1200万ドルを調達し、中国Huaweiを顧客に抱えるロボットAI(人工知能)プラットフォームのスタートアップがある。米国シリコンバレーと中国深圳に拠点を置くPerceptInだ。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経エレクトロニクス」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら