電源(配電)バスを48Vに高圧化する動きが活発化してきた。電力損失を抑えることが目的だ。まずはサーバー用ボードに適用され、次いで通信機器やストレージ装置に広がる。いずれは自律運転を採用した自動車などでも導入が進む見込みだ。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経エレクトロニクス」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら