発表会「Made by Google」で「Pixel 4」を発表(出所:公式動画をキャプチャーした画像)
[画像のクリックで拡大表示]

 米Google(グーグル)は2019年10月15日、米ニューヨークでハードウエア関連の発表会「Made by Google」を開催し、同社のスマートフォン「Pixel」シリーズの最新機種「Pixel 4」を発表した。ディスプレーサイズは5.7型で、同6.3型の「Pixel 4 XL」も用意した。いずれもミリ波センサー(ミリ波レーダー)によるジェスチャー操作機能を搭載したほか、AI(人工知能)技術によるカメラや音声認識などを強化した。Pixel 4を799米ドルから、Pixel 4 XLを899米ドルからで2019年10月に発売した注1)

注1)日本ではGoogleストアとソフトバンクが発売する。Googleストアでの価格はPixel 4の64GB版が8万9980円、128GB版が10万3950円、Pixel 4 XLの64GB版が11万6600円、128GB版が12万8700円(いずれも税込み)。

 新しく搭載したミリ波センサーは、スマホに触れることなく手の動き(ジェスチャー)だけで、ある程度の操作を可能にするためのもの(図1)。ミリ波によるジェスチャー操作機能は、研究開発部門「ATAP(Advanced Technology and Projects)」において、「Project Soli」の名称で研究開発が進められていた技術である。Soliの発表の際は、指先の細かな動きまで検知できることをアピールしていた。今回の発表会では、手の大まかな動きを検知している様子を見せていた。発売当初は指先の動きの検知には対応せず、後日、ソフトウエアアップデートで対応するかもしれない。

図1 ジェスチャー操作に対応
ミリ波センサーを内蔵した。(出所:公式動画をキャプチャーした画像)
[画像のクリックで拡大表示]

 ジェスチャーを認識できることから、ゲームキャラクターなどの仮想キャラクターとのインタラクションも可能になるとする。その例として発表会では、画面内の「ピカチュウ」に向かって手を振ると、ピカチュウが反応する、というデモを見せた(図2)。

図2 ジェスチャー操作のデモ
発表会「Made by Google」で「ピカチュウ」とのインタラクションを披露した。(出所:公式動画をキャプチャーした画像)
[画像のクリックで拡大表示]

 発表会では、プライバシーとセキュリティーの重要性を強調。ミリ波センサーで取得したデータは端末内で処理され、Googleの他のサービスで保存されたり、共有されたりすることはないとする。ユーザーの顔データも、Pixel 4内のセキュリティーチップ「Titan M」に保存されるという。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経エレクトロニクス」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら