デモ飛行中の機体(撮影:日経 xTECH)
[画像のクリックで拡大表示]

 「空飛ぶクルマ」と呼ばれる電動の垂直離着陸(eVTOL:electric Vertical Take-Off and Landing)機を手掛けるドイツの新興企業ボロコプター(Volocopter)が、eVTOL機「Volocopter」向け離着陸場「VoloPort」のコンセプトモデルを披露した(以下、社名をボロコプター、機体名をVolocopterと表記)。発表したのは、交通システムなどに関するイベント「26th ITS World Congress」(2019年10月21~25日、シンガポール)の会場。ドローン(無人航空機)やeVTOL機の離着陸場の開発や運営などを手掛ける英スカイポーツ(Skyports)との共同開発の成果である。

 これまでに外観デザインの画像を公開してきたが、フルスケールサイズ(実物大)の離着陸場のコンセプトモデル(以下、離着陸場)を製作して見せたのは今回が初めて(図1)。会場そばの水辺に離着陸場を設置。屋内にVolocopterの第3世代の試験機を実際に配置した(図2)。

図1 フルスケールの離着陸場のコンセプトモデル
「26th ITS World Congress」の会場そばの水辺に設けた。(撮影:日経 xTECH)
[画像のクリックで拡大表示]
図2 離着陸場内にあるVolocopterの第3世代の試験機
屋外に離着陸用のポートが見えるが、現時点では離着陸に利用できない。(撮影:日経 xTECH)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。「日経エレクトロニクス」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら