マクセルが開発した全固体電池(写真:同社)
[画像のクリックで拡大表示]

 マクセルは2019年9月20日、硫化物系固体電解質を用いたコイン形のLiイオン2次電池(LIB)、いわゆる全固体電池を開発し、同9月上旬にサンプル出荷を開始したと発表した。固体電解質は、三井金属などとの共同開発だという。硫化物系全固体電池は、日立造船が2019年度内の量産計画を発表している。今回は、それに次ぐ動きとなりそうだ。

 今回の全固体電池では、開発した固体電解質向けに、電極にも組成や粉体特性を制御した独自材料を用いているとする。結果、貯蔵特性や充放電サイクル、高温耐性の点で、既存の電解液の電池を上回る特性を実現したという。当初は国内のウエアラブル機器メーカーと製品化を進め、その後は、IoT(Internet of Things)機器向けにも展開する計画だ。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経エレクトロニクス」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら