床面積16万1200m2の展示スペース(東京ビッグサイトの5倍以上)が、世界から集まった1814社で埋まる─。世界最大級のコンシューマーエレクトロニクス(CE)関連の展示会「IFA 2019」が、ドイツ・ベルリンで2019年9月6日に開幕した。

主役の1つは「日本」

「IFA 2019」の会場風景(開催前の撮影)。展示スペースは東京ビッグサイトの5倍以上と巨大だ。(写真:日経 xTECH)
[画像のクリックで拡大表示]

 今年のIFAでは、最先端技術を集めた展示コーナー「IFA Next」の初めてのパートナー国に、日本が選ばれた(図1)。スタートアップ企業の育成支援プログラム「J-Startup」などを推進する経済産業省は2019年4月27日にIFAとパートナーシップ契約を締結。同省が選出した日本のスタートアップ企業など20社が「care」「move」「communicate」「sense」の4つのカテゴリーに分けてソリューションを紹介する。

図1 IFAに設けられた最先端技術を集めた展示コーナー「IFA Next」
日本が初のホスト国となる。開幕2日前の撮影で、準備中の様子。(写真:日経 xTECH)
[画像のクリックで拡大表示]

 かつて家電業界で主役を張った日本企業だが、2000年代後半以降、韓国企業や近年では中国企業にその座を奪われ、世界におけるプレゼンスは低下する一方だった。しかし、東京オリンピック・パラリンピックなど世界が注目するイベントの開催を控える中、今回のIFAは再び日本のプレゼンスを示す好機となる。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経エレクトロニクス」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら