Siウエハー上に製造したCNTプロセッサー。テスト回路が周囲に設けられている。(写真:Max Shulaker/MIT)
[画像のクリックで拡大表示]

 米Massachusetts Institute of Technology(MIT)の研究者は、カーボンナノチューブを半導体とするトランジスタ(CNFET)から成る16ビットプロセッサー「RV16X-NANO」を試作した(図1)。実装したトランジスタ数は1万4702個で、既存のCNTコンピューターの数十倍と最大規模である。

図1 1万4702個のCNTトランジスタを実装
MITが開発したCNTプロセッサーの設計イメージ。テスト回路は含まれていない。(図:Max Shulaker/MIT)
[画像のクリックで拡大表示]

 開発したのは、MIT ProfessorのMax Shulaker氏の研究グループ。同氏は、以前所属していた米Stanford Universityの研究室でCNFETを178個用いたCNTマイクロプロセッサーを2013年に試作していた1)。今回のCNFET数はその約79倍。2013年時の命令セットは主に組み込み用途向けのMIPSアーキテクチャーの一部だったが、今回は高性能サーバーでも利用可能な「RISC-V」を採用した。

 RV16X-NANOのCNFETのチャネル長は1.5µmで動作周波数は約1MHzと遅い。性能上は米Intelが1978年ごろに発表したマイクロプロセッサー「8086」に近い。ただし、今後急速に微細化を進めて数年以内に、最先端の5nm世代の性能実現を目指すという。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経エレクトロニクス」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら