米ON Semiconductorが開発中の1200万画素の車載CMOSセンサー(撮影:日経Automotive、以下同)
[画像のクリックで拡大表示]

 米ON Semiconductor(オン・セミコンダクター)は2019年6月18日、東京都内で開いた車載センサーの記者説明会で、1200万画素の車載CMOSイメージセンサー「AR1212」の開発品を展示した(横の写真)。自動運転車の前方、および周辺カメラへの採用を目指す。

 センサーのサイズは1.3インチと大きい。画素サイズも4.2µmと、同社の800万画素の車載CMOSイメージセンサー「AR0820」の2倍と大きい。このため、感度やダイナミックレンジを大幅に改善できる。「クルマの前方や周囲をリアルタイムに撮影しながら、高精細地図(HDマップ)との整合を取る用途など、自動運転車への搭載を狙っている」(同社)という。

 ON Semiconductorは車載CMOSセンサーで62%、ADAS(先進運転支援システム)用のCMOSセンサーでは81%のシェアを持つという。ただ、最近はソニーが追い上げており、800万画素のAR0820はソニー対抗を強く意識した内容だった。今回は開発中の1200万画素品を展示し、技術の先進性を強調した格好だ。

 会見では車載センサーでソニーとどう差別化するのか、といった質問も出た。これに対し、同社はCMOSセンサーだけでなく、超音波センサーやミリ波レーダー用の送受信IC、3次元レーザースキャナー(LiDAR)向けの受光素子など、幅広い製品群を手がけていることが強みだと説明した。「ADASや自動運転では、1種類のセンサーで対応することが難しく、複数のセンサーを組み合わせた“センサーフュージョン"が欠かせない。この分野で強みを発揮できる」(同社Vice PresidentのRoss Jatou氏)という。

LiDAR向けのSPADアレイ

 同社は1200万画素のCMOSセンサー以外に3件の発表を行った。第1に、3次元レーザースキャナー(LiDAR)用の受光素子であるSPAD(Single-Photon Avalanche Diode)アレイ「Pandion」を発表した(図1)。2019年後半からサンプル出荷する。同アレイは400×100画素で、距離画像のほか、電子数カウントに応じた輝度画像も出力できる。2018年5月に買収を発表したアイルランドSensL Technologies(センスエル・テクノロジーズ)の技術が基になっている。

図1 SPADアレイを発表
可動部のないソリッドステートLiDARへの採用を狙う。(図:ON Semiconductor)
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]

 可動部のないソリッドステートLiDARへの採用を狙う。例えば、3mほどの短距離に対応したフラッシュLiDARの受光素子として使える。100mほどの長距離用として使うことも可能で、その場合はMEMSミラーなどでレーザー光をスキャンさせる必要がある。面発光レーザー(VCSEL)アレイを使う方式も期待されているが、まだ実用化には時間がかかりそうだという。

 また、長距離用のLiDARでは、より高感度なSiPM(Silicon Photomultiplier)の方が有利とする。同社はSiPMも多数手がけている(図2)。ただ、SiPMは最大でも2列程度のライン状であり、2次元のアレイ状になっていないことから、可動部を減らすのは難しいという。

図2 車載センシングソリューションの一例
右下がSiPMアレイ、左下がミリ波レーダー。
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。「日経エレクトロニクス」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら