協働ロボットの普及を背景に、台湾の達明機器人(Techman Robot)が日本市場での勢力拡大を狙っている。同社は、台湾の大手EMS事業者である広達電脳(Quanta Computer)のストレージ部門から派生した新興ロボットメーカーだ。

 2018年にオムロンや、蛇腹を主力製品とするナベルと相次いで代理店契約を締結。特にオムロンとは、ロボットアームと無人搬送車(AGV)を組み合わせたシステムを共同開発するなど、製品ラインアップの強化も進めている。今後、自動車や電機、半導体、食品といった業界向けに訴求していくという。

 ただし、Techmanが手掛けるアーム型の協働ロボットの市場には、多くの競合企業がひしめいている。同社は差異化のポイントとして、(1)ビジョンセンサー(カメラ)が標準で備わっていること、(2)動作のティーチングが簡単なこと、の2点を挙げる。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経エレクトロニクス」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら