東京都知事がUberのイベントに
[画像のクリックで拡大表示]

 将来のモビリティー(移動手段)として注目を集める「空飛ぶクルマ」。その実現に向けた動きが、日本でもにわかに活発になってきた。経済産業省と国土交通省は、2018年8月24日、空飛ぶクルマに関する「空の移動革命に向けた官民協議会」を共同で立ち上げた。空飛ぶクルマを日本が世界で稼げる柱にするための技術開発や制度整備について官民が議論する。第1回会合を8月29日に東京で開いた。

 8月30日には、米国で「空飛ぶタクシー」の2023年の商用化を目指す米ウーバー テクノロジーズ(Uber)が、米国以外のサービス候補地の1つに日本を挙げた。空飛ぶタクシーの普及に向け同社が東京で開催したイベント「Uber Elevate | Asia Pacific Expo」で発表した。同イベントは米国外で初の開催。東京都知事の小池百合子氏が登壇した(上の写真)。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経エレクトロニクス」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら