台風19号による内水氾濫で、中心街が浸水した川崎市の武蔵小杉駅周辺エリア。住宅地を襲った泥水は電気設備を停止させ、街のアイコンである超高層住宅などを機能不全に陥れた。増水した多摩川の濁流は、どのようにして武蔵小杉の中心街まで運ばれたのか。取材で分かったメカニズムは以下の通りだ。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経コンストラクション」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら