空を飛ぶばかりがドローンではない。近年盛り上がりを見せるのが、水中ドローンの市場だ。従来、ダムや桟橋などの水中部の点検は潜水士が目視するしかなく、手薄になりがちだった。水中ドローンは、こうした難題を解決する。

 ベンチャー企業のフルデプス(東京都台東区)が独自に開発した「DiveUnit(ダイブユニット)300」は、深さ300mまで潜れる水中ドローンだ。機体は幅41cm、奥行き64cm、高さ38cmで、重さは約28kg。前面にカメラを備えて水中を自在に動く。1度の充電で4時間にわたって調査できる。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経コンストラクション」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら