閉じる

記者の眼

日経コンストラクション

目次

  • 建設3Dプリンター、「死の谷」越えの条件

     滑らかな動作で繊細な作業を素早くこなす「ロボットアーム」に、筆者は幼い頃から憧れを抱いてきた。初めて見た実物は、広島県の土産物店にあった「もみじまんじゅう」の製造ロボットだ。軟らかいまんじゅうをロボットアームがそっと持ち上げ、一瞬で個包装用のセロハン紙を巻く様子に目がくぎ付けになった。

  • 令和の「黒部の太陽」、試されるリニア

     日本の土木史に残る黒部川第四発電所(通称、黒四)の建設工事。北アルプスの断層破砕帯を資材運搬用トンネルで突破し、黒部峡谷にダムを築く。戦後の電力不足に悩む近畿地方の復興を支えた偉業は、1964年に「黒部の太陽」として小説化。昭和史を彩る金字塔の1つになっている。

  • 映画「天気の子」が突き付けた気候変動の悪夢

     二酸化炭素の排出量削減が不十分なために気候変動が進むと、近未来の東京は実際にこうなるのかもしれない──。2019年7月19日から公開中の新海誠監督のアニメ映画「天気の子」を見て危機感を覚えた。

日経 xTECH SPECIAL

土木

もっと見る