3Dプリンターに可能性を見いだし、建設業界に新風を吹き込もうとするスタートアップ。その技術を取り込もうと、世界最大規模の建設系企業も協業や出資を申し出る。注目のスタートアップ5社が挑む建設業界の革新に迫った。

XTreeE
自前のデザイン技術を強みに

 年間5兆円超を売り上げる欧州最大手の建設会社Vinci(バンシ、フランス)から3Dプリンター技術の“お墨付き”を勝ち取ったスタートアップがある。フランスで2015年に創業したXtreeE(エクストリー)だ。17年11月、バンシのグループ会社がエクストリーへの出資を明らかにした(写真1)。

写真1■ エクストリーのジャン・ダニエル・クン氏。180cm近い氏の身長を軽く超える高さまでモルタルの積層に成功している(写真:日経コンストラクション)
[画像のクリックで拡大表示]

 エクストリーは、モルタルを積層する3Dプリンターで、高さ4mの支柱や大型のパビリオンなどを造った実績を持つ(写真2)。バンシの他、セメント大手のラファージュホルシム(スイス)、ABB(スイス)、ダッソー・システムズ(フランス)といった巨大企業と提携し、現在も3Dプリンターを使った複数の建設プロジェクトを手掛けている。

写真2■ フランス南部の都市エクス・アン・プロバンスに位置する中学校の運動場に設けた屋根を支える高さ約4mの構造物。エクストリーの3Dプリンターで築造した(写真:XTreeE)
[画像のクリックで拡大表示]

 エクストリーの強みは、高い品質と意匠性を兼ね備えた技術力だ。ロボットや材料などの積層に関わる技術だけでなく、3Dプリンター製造に適した設計を追求するデジタルデザインも一部、自社で手掛ける。

 「製造と設計、両方の技術を磨かなければ建設用3Dプリンターの発展はない」。エクストリーのゼネラルマネジャーを務めるジャン・ダニエル・クン氏はこう言い切る。プリント技術だけが先行しても、適切な設計が伴わなければ従来のプレキャスト・コンクリートと比べたメリットが小さく、導入が進まないからだ。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経コンストラクション」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら