市場規模の拡大は加速する見通し 

 米南カリフォルニア大学のバロク・ホシュネビス教授がセメント系材料を積層して建物を造る構想を打ち出したのは1990年代後半のこと。その後、欧州を中心に研究開発が活発化。2010年代に入って建設業界の巨大企業による投資が加速した。関心の高まりやデジタル技術の発展に伴い、今後、市場の急速な拡大が予想される。27年には約40億ドル(約4300億円)規模に成長するという米国の調査会社による試算もある。

10年たたないうちに40億ドル規模へ

図1■ プリントサービスとソフトウエアを中心に拡大
米調査会社SmarTechによる建設用3Dプリンターの市場予測(資料:SmarTech)
[画像のクリックで拡大表示]

 中国が大型化で存在感 

 2019年6月現在、3Dプリンターで造った構造物の世界最高および世界最長の記録は、中国が独占しているもようだ。上海に本社を置くWinSun(ウィンスン)は、15年に3Dプリンター製の5階建て集合住宅を公開し、世界最高を宣言した。集合住宅は展示用とみられるが、鉄筋などで3Dプリンター製の壁材を補強して「中国の建築基準に準拠した」(同社発表)と説明している。

高さ世界一約14m

(写真:WinSun)
[画像のクリックで拡大表示]

 一方、19年1月には精華大学の研究チームが3Dプリンター製の歩道橋を完成させたと発表。長さ26.3mのアーチ橋で、世界最長を記録した。現在、オランダで長さ29mの3Dプリンター橋の架設が決まっており、記録は近く更新される見通しだ。

橋長世界一約26m

(写真:精華大学)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。「日経コンストラクション」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら